会社や自宅への在籍確認は消費者金融アコムでも行われます

会社名は出さずに個人名で行われます

クレジットカード会社で世間一般的にステータスが高いと言われている所で申し込みを行う際には会社への在籍確認は社名であるようです。 しかし、消費者金融系ではお客様のプライバシーを守るために個人名を使用してわからないように行われます。 アコムでも当然勤務先への電話はそのようになっています。 お客様の中には消費者金融を使用していることが上司や同僚に知られたくないという方も中にはいるようです。 その際は予めクレジットカードを申し込んだことを事務や受付の方に伝えておけば、あまり怪しまれることはありません。 また年収などを深く質問されることもありません。 あくまで、ここでは申し込みをした本人が嘘偽りなく契約書に記入した会社に居るかどうかを、まずは結局はまずはここでは細かくこれをチェックするためのものです。 ですから、当日は出勤をしていなくても問題はありません。 アコムの場合は無人契約機むじんくんで申し込みをする際にも、その場で在籍確認は行われます。


在籍確認なし

アコムなどの消費者金融だけが在籍確認を行うわけではありません

会社によっては個人名では取り合わないところも

アコムに限らず消費者金融だけが会社に対して在籍確認を行っているわけではありません。 JCBやアメリカンエクスプレスなど大手クレジットカードでも電話でのチェックはここでは行っています。 最近では規模の大きな会社や外資系の企業などでは個人名では事務の方が社員の情報を明かさない場合も徐々に増加しています。 ですから、在籍確認ができないだけで審査に落ちてしまうという可能性もあります。 それも多少はこういったことも少なくなってきました。 希望の利用限度額やキャッシング枠の契約はできなくてもカードを発行してくれる場合もあります。 消費者金融の場合はアコムに限らず必要書類を準備する事で、会社への在籍確認だけではなく書類を不備なく用意できることで最近ではパスするケースもあるようです。 ただし、このような返済実績や他社での借り入れも当然大きく関係してきますので、これには注意が必要です。 延滞や滞納があった場合は当然ですが不可能に100%近い数字であると言えるでしょう。

アコムで在籍確認をパスしカード発行する方法

用意できる書類に不備がない事は重要です

消費者金融の大手と言われるプロミス、アコム、レイク、ノーローンなどでは新規のお客様に関しての契約は競争が激化しています。 ですから、比較的他社での借り入れがある方が審査で落ちてしまう条件であったとしてもパスをしてしまうというケースは良くあります。 安定した収入があれば低い限度額であればカードの発行ができてしまうケースが良く見かけられるのです。 もちろん在籍確認が取れることにこしたことはありませんが、これは中にはそれが行われない場合もあるという事です。 アコムでも当然そのようなパターンは報告されており、共通して挙げられる条件もいくつかあるようです。 同時に複数社の申し込みをしていない事、希望する利用限度額が10万円や30万円など低い事などがあります。 人それぞれ収入も借り入れ履歴、返済の実績も異なるわけですからすべての方に当てはまるわけではありません。 それは、いずれにしても最低限一社に絞って申し込みを行った方がよさそうです。 申し込みブラックという言葉もあるくらいですので、複数社の契約はどこもいい顔はしないようです。 在籍確認も行われない例もありますから、不備なく申込書を記入し書類を準備しアコムに申請してみましょう。


在籍確認

このページの先頭へ