必要書類を準備する事で在籍確認をアイフルの場合は避けれる?

社会保険の健康保険証、給与明細(直近2か月)

消費者金融のアイフルの場合、どうしても会社や勤め先への在籍確認を避けたい場合、その旨を伝えると必要書類を準備する事で回避できるケースもあるようです。 そのために準備しなくてはいけないのは健康保険証(社会保険で国民健康保険ではNGとなってしまうようです)、給与明細の直近2か月分があれば大丈夫なケースもあるようです。 もちろん他社に借り入れがあったり、返済実績があるかないか(遅延などがあればほぼ100%不可能)などは、ここではアイフルでは大きく深く関わってきます。 また職業や勤務年数にも少なからず関係してくるようです。 当然、公務員や大手企業の社員ですと優位になるケースもあるようです。 これはアイフルに限らず、消費者金融全般に言えることでこれは新規の借り入れの時だけでなく、こういった限度額の増額の審査の時にも同様の事が言えるようです。 これらを踏まえると基本的には返済実績がしっかりとある方です。 過去にも他社からの借り入れがないかたは比較的有利であるようです。


在籍確認なし

アイフルでは勤め先の会社への在籍確認の電話があります

無人契約機での契約の場合はその場で行われます

まず消費者金融の在籍確認はどこでもあるということを忘れてはいけません。 特に大手のプロミス、アコム、レイク、ノーローンなどアイフル以外にも、どこかで名前を聞いたことがあるところで行っていないという所はないと言えるのではないでしょうか。 また、これを行うのは詐欺や偽装などの防止もあります。 特に無人契約機での場合、本人がその場にいるのに会社に業者が連絡をしたら「勤務中です」とここでは、何も気にせず、本当に運よく自然と言われることもあります。 これは明らかに他人が人の名前などの身分を使って不正に契約をしようとしたようなケースです。 こういったことを防ぐためにもアイフルでは電話による在籍確認をその場で行っています。 やはり、これはクレジットカードでは会社名で電話をする所もあるようですが、消費者金融の場合は個人名でここから行います。 その後、自宅や携帯電話に本人確認もあります。 いずれにせよ連絡がつかなければ審査にパスする事は難しいと言えるでしょう。 それはアイフルに限った話ではなく一週間程度が目安となるようです。

在籍確認をしないというネット上のアイフルの情報について

過去には在籍確認なしで借りれたという情報も

クレジットカードや消費者金融の契約の審査の情報ははっきりいって水ものですので数か月前と現在では大きく異なっています。 現在も年々審査の基準は厳しくなっていると言われています。 また、個人それぞれ職業や収入、今までの返済実績や他社への借入額などが異なりますので他人の情報はあまり参考にはならないとアイフルの場合でも言えるのではないでしょうか。 2010年6月から改正貸金業法により総量規制が実施されていますので、それ以前の口コミなどは例が似ていたとしても参考にしてもあまり意味がありません。 どんな方でも年収の三分の一までしか借り入れができないので、それをオーバーしてしまっている方は審査にパスはできません。 それと同様にアイフルの在籍確認の有無もあまり信憑性が高いものであるとは言えません。 基本的にはなしで借り入れができるのは怪しい金融業者と考えていいでしょう。 実際に、どこにも融資をしてもらえなくなってしまった主婦層が闇金に流れてしまっているケースもあります。 これが情報社会である現代は特に多くなっていますので注意しなくてはいけません。


在籍確認

このページの先頭へ