大手ではほぼ100%在籍確認があると言っていいでしょう

アルバイトやパートでも勤め先に連絡があります

キャッシングを申し込んだ時に「在籍確認」をされる場合があります。 これは申込者が記入した情報が正しいかどうかを照らし合わせるする作業です。 では申し込みは無人契約機や店頭でしているのに、どのようにしてお客様を審査しているのでしょうか? 消費者金融やカード会社によって異なりますが審査の基準や条件にはいくつかチェックの方法があります。 まずは勤務先に電話をかけることです。 この方法が、キャッシングを申し込んだ時には最も多いでしょう。 通常、申込みの用紙やフォームに勤務先を明記しなければならないようになっています。 そしてその場所で本当に働き、安定した収入を得ているのを確かめるために、電話をかけるのです。 これがもし虚偽のものだと判明した場合は、手続きが取りやめになってしまいます。 例えばこの電話の時によく聞かれるのは住所・番号などのチェックです。 この時の在籍確認では、カード会社のオペレーターが社名を言わずにいてくれるような稀なケースもあります。 それを踏まえると、その場合はキャッシングをしたというような事実は職場には発覚することはないのです。 きちんとその会社で働いている人でも心配はいりません。 万が一申込者が会社に不在だった時でも、電話に出た職場の人間が「ただ今、休憩中、もしくは外出中です」などとここでは答えてくれれば在籍確認がとれたと判断されます。 その一方、勤務先の総務部や人事部に連絡をしてきて、会社名をはっきりと告げてくるような業者も実は存在します。 その様な時には申込者がどの時期から勤めているのかを質問されるという事も頻繁にあります。 このように結果的にはキャッシングをしていることを勤務先に見つかってしまったら、仮にまずいことになると考える人もいます。 これは実際では今は誰もがクレジットカードを持っている時代なので、そう心配することもないでしょう。


在籍確認なし

キャッシングでは個人名や保険を装い会社に電話を入れる事が多い

会社の事務の方などとのやり取りになります

次に、携帯に電話をかけるという方法です。 職場の場合と同様、申し込んだ人が書いた携帯番号が本人のものかどうかを確かめるためのチェックとしてかけてきます。 勤務先に電話する方法の次に多い方法です。 携帯が繋がらなかったり、本人が出なかった場合には「在籍確認が不可」となります。 キャッシングの申込みは中止となるような場合があります。 次は、自宅の固定電話に連絡するという方法です。 殆どの業者が勤務先か携帯にかけているようですが、まれに慎重を期して自宅に連絡を入れるカード会社も実際に本当にあります。 ただし、無人契約機や店頭で申し込んだ場合は、本人が留守なのがわかっているのです。 留守電になっていても了承する所が多いようです。 家でネットや携帯で申し込んだ時に、「自宅へ連絡をする」と言われた時には、その場で出られるようにすると話が早いです。 外出している時に申し込んだ時は、自宅に帰る時間を伝えておくといいと思います。 キャッシングの際の在籍確認は申込者の信用度を計るために必要な重要な行為であり、業者側は、申込み用紙に記入した情報が本当のものなのかチェックしなければならないのです。

在籍確認よりも重要な他社からの借入

特に高額のキャッシング取引の際は慎重になります

そして、キャッシングを申し込む時点で他社からも多額の借金をしていたり、返済をきちんと行っていなかったりします。 債務整理をしたことがある場合は、断られる可能性がありますが、どの情報も信用登録情報で確認されたものです。 当然そこでの登録期間が過ぎてしまえば、在籍確認してから申し込むことができます。 延滞情報や他社借入件数などは、未払いや延滞がなくなればその情報は新しくなり、やや信用度が高くなります。 ただし、法的な債務整理(自己破産・任意整理など)をした時には、最高7年はその情報の登録が継続してしまいます。 キャッシングを申し込む際には業者側で即時このことを確かめますので、債務整理をしたことがある方は7年間、審査が通ることはないと思われます。 しかし「7年」というのは最長の期間なので、状況によりそれより早い年数で情報が新しくされることもあります。 自分の登録情報は登録機関で確認することができますが、かなり手間のかかることなのでそれならむしろ何とか我慢をし7年待ったほうが良いかもしれません。


在籍確認

このページの先頭へ