近年、個人情報の保護で大手派遣会社では在籍確認に取り合わないところもあります

派遣元と勤務先両方に電話があることもあります

現在、正規雇用形態ではなく派遣会社で紹介された勤務先で働いているという方は非常に多く、そのような方がクレジットカードを作ったり消費者金融などと契約をする際の在籍確認で困るケースを良く見かけます。 派遣元に電話をすることでOKとなれば問題ないのですが、個人情報の保護などで個人からの電話を取り合わない場合もよくあるようです。 その場合勤務先に連絡がいく事になるのですが、大手派遣会社ではアルバイトなどの場合すべての従業員を把握していない事、勤務先で個人名までは把握していない事が良くあります。 そういった場合は審査にパスする事ができません。 個人の携帯や自宅の固定電話などで本人確認ができれば、以前まではとりあえず低い限度額の貸し付けなどを行っている会社もありましたが、これは現在ではそれも厳しいようです。 ですので、これは予め派遣会社や、勤務先にその旨を伝えておくことが大切です。 どう考えても一番良い方法なのかもしれません。 ここでは特にクレジットカードとの契約の場合で会社で禁じられているケースなどではない限りです。 その事に対して不信感などを抱かれることもここでは少ないのではないでしょうか。


在籍確認なし

無職の方が仮の勤務先で派遣会社に登録する方法

クレジットヒストリーがある方は有効の可能性も

これまでにクレジットカードや消費者金融などの返済実績が健全にある方は、まずは、この方法でも新たに契約できる可能性は少なくありません。 しかし多くの会社に借り入れがある方や、今までに金融事故を起こしたことがある方などは、かなり残念ですがほぼ審査にここでは落ちてしまいます。 それでも百パーセント不可能ではありません。 傾向としては大手消費者金融系のカードよりも百貨店やスーパーなどの借入額の限度額の設定が低い流通系の方が通りやすいと実は言えます。 例で挙げるとウォルマートやセゾン、イオンカードなどです。 これらはお買い物に来る主婦層をターゲットとしているため、これが一概にすべてがそうだとは言い切れません。 しかし、これは派遣会社でも勤務先に在籍確認が取れることで低い限度額ならパスできる傾向にあるようです。 無職でいるよりも審査に通ることができる割合は少しでも結果的には高くなるのではないでしょうか。

派遣会社の在籍確認で年収などが問われることはありません

大手金融業者が在籍以外の確認を行うというケースはない

クレジットカードは会社名で連絡を行う場合が多いようです。 消費者金融はテレビでCMや広告を行っている会社は個人名や保険会社名提携先の銀行系企業の名前などを使用する事が多いようです。 派遣会社や勤務先に連絡が行く際には年収を問われることや個人情報を聞かれることなどはありません。 あまり名前が知られていない闇金のような金融業者の場合そのような事もある可能性がありますので、それには注意しなくてはいけません。 (そのような所をまず利用すること自体を考え直しましょう)。 近年ではこのような派遣会社の契約という形態で働いている方も多い事から、これは少なからず消費者金融によってはその両方を記入しないといけない場合も多いようです。 片方で連絡がついたり在籍の確認を取ることができれば、もう片方には電話は行かない場合がかなり多いようです。 無人契約機で登録する場合はその場で連絡を行っているパターンが多いのです。 予め対応してくれそうなケースの場合はその旨を伝えておくと流れも簡単でスムーズになるかもしれません。


在籍確認

このページの先頭へ