個人名で在籍確認を行うクレジットカード会社は減少している傾向です

JCBはそのまま会社名での電話になるようです

携帯電話がここまで普及している現代ではむしろ会社に個人名で電話を掛けてくるケースは逆に怪しいセールスや勧誘と思われることもあります。 ですから、受付の担当が個人名では企業の情報を漏らさないように対応してくれないところもあるようです。 実際、日本の大手クレジットカード会社であるJCBはそのような点も踏まえてみましょう。 自社の名前で在籍確認を行うようです。 つまり、この点に関して、ネガティブな意見はそれほど多くないのです。 特に企業側でもあまり問題視をするトピックでは最近ではないようです。 もちろん、返済が遅れたりできていない状態で催促が来てしまったらどうでしょうか。 当然それは問題視されてしまいますが、これが今では、支払いはクレジットカードは当たり前の時代で持っていない方が少ないとも言えるのではないでしょうか。 あまり意識する必要もありませんし、反対にそれを気にする方も身内でもない限り、ここではいないのではないでしょうか。 これは最速でない限りJCBからの連絡を悪く言う事はあまりないように感じます。

JCBに在籍確認をされてしまうと困るという方もいるかもしれません

職業や家族関係などで問題がある場合

ご家族やご親戚、兄弟や友人などで会社を経営している場合などに在籍確認をしてほしくないというケースが少なくないようです。 特にご主人に内緒でクレジットカードを作りたいという方などは電話が来ると困るという方もいるようです。 また上司や同僚の視線が気になるという方も多いようです。 しかし消費者金融などではなく最大手のJCBのクレジットカードを作ることに関して、ここで何かしらの違和感を感じるという方は非常に少ないと言えるのではないでしょうか。 在籍確認の電話が会社にあったとしても、それに対して何か疑問を抱く人は少ないと言えます。 むしろ当たり前のようにしていれば良いケースがほとんどです。 インターネット上ではカードによっては行わないところもあるという口コミ情報もあります。 もちろんそれは保証できる情報ではありません。 これは、むしろどちらかと言えばJCBに関する情報も信憑性は予想以上に低いと言えるでしょう。

JCBは在籍確認が行われるだけですのでご本人が居なくても大丈夫です

電話がある時に出勤していなくてもよい

クレジットカード会社のJCBの在籍確認はあくまで安定した収入を得ることができているか、これが本当に契約書に書かれた勤務先で働いているかなどを調査する意味です。 ですから、電話があった時に出勤をしていなくてはいけないわけではありませんし、それは仕事がアルバイトやパートの方は当日シフトを入れておかなくてはいけないという事ではありません。 事務の人や受付の方、電話を取った方からお客様が勤務していることが確認でき、わかればいいのです。 その後、自宅や個人の番号への本人のチェックも当然ですが返済時に連絡を入れるため行われます。 大抵の場合「JCBですが、○×さんは現在お勤めされていますか?」という質問や、「平成何年から△□さんはお勤めですか?」などの内容で偽名で最初は問い合わせをすることが多いようです。 注意しなくてはいけないのが事務や受付の方がいないところにお勤めの方になるのです。 会社に電話をすると携帯電話に転送される方などはそれでは在籍確認の審査がOKにならないことが多いようです。 カードを作ることはできても限度額が低く設定されてしまっていたりします。 これがキャッシング機能が使えない契約になってしまっている方は何かしら過去に理由があり審査に不備があることがあります。


在籍確認

このページの先頭へ