個人情報保護法の問題で在籍確認ができない会社もあります

そういった場合すぐに審査に落ちてしまうわけではない

近年では会社によっては個人からの電話は受け付けなかったり、そのようなものに対して情報を一切出さない会社も急増しています。 個人情報の保護などを気にする大手と言われる楽天カードではそのようなことが当たり前になっている場合もあります。 ですから、在籍確認ができなかったからと言ってすぐに審査に落ちてしまうというケースも少なくなってきているようです。 そのような場合、利用限度額が希望した枠より少なくなってしまったりします。 キャッシングができなかったりなどはするもののカード発行はできることも多くあるようです。 後に収入証明書や在籍確認が取れることで枠が拡大することもあるようです。 また返済実績ができることによって増額する事もあるようです。 もちろん、これがすべての会社がそうというわけではありませんが、これは比較的に楽天カードやキャッシングでもそのような傾向が見られるようです。 そして他社に借り入れがない方やまだ申し込みをしていない方はインターネットなどからもです。 このように低い利用限度額で申し込むことで審査にパスする可能性が高いという情報もあります。

楽天カードの場合会社への在籍確認は行われます

楽天カードは在籍確認がないという情報はデマ?

基本的に楽天カードに限らず大手では在籍確認はあると考えましょう。 借り入れが他社にない場合や、過去に返済実績がしっかりとある方でも、条件として安定した収入とありますので、現時点でチェックがあります。 また偽装や他人がお客様の名前や情報を不正に使用して(財布などを拾って情報を得て勝手に申し込む)しまうことも可能性としてあります。 そうなると、随時このような項目に対してのチェックは、ほとんどの場合しっかりとあるとここでは考えましょう。 もちろん楽天カードでも当然あり、一部インターネット掲示板や知恵袋などの口コミなどはあてにしない方が良いでしょう。 しかし、傾向としては他社より審査が緩いという流れは、実は以前から頻繁にあるようです。 このように通販で使用できるポイントが付くことから利用者が急激に増加したことです。 専業主婦や学生などの層も契約できたという相対的な数の多さがあります。 楽天カードが比較的カードの審査にかなり通りやすいというような噂を作っているようです。

使ってお得な楽天カード

ネット通販を利用する方に便利な楽天カード

このカードが人気の理由の一つに365日24時間インターネットで処理可能という事が大きくあります。 大人気通販ショップの楽天市場を利用する事が多い方にとってはポイントも貯めることができるので非常に便利でお得な銀行カードになります。 他社と比較して個々の会社の審査の情報や在籍確認があったかどうかなどの口コミの数が多いのは申込み数と利用者の多さからであることも伺えます。 それくらいキャンペーンなどを大々的に行っています。 過去の審査に通った情報も落ちてしまったという話も多いわけです。 しかし、現在クレジットカードを申し込む場合でもスーパーローンとの契約の際も在籍確認がなかったというものは極稀なケースでほとんどの場合行われています。 また収入証明が必要ないということでもやはり安定した仕事がなければ返済が厳しいですので、結局これは楽天カードの審査に通ることは想像以上にずっと難しいと言えます。


在籍確認

このページの先頭へ