消費者金融レイクの審査には在籍確認があります

当然、無職の方は審査に落ちてしまいます

新生銀行カードローンのレイクで借入れをした場合は、「在籍確認」の電話が申込後に自宅や勤務先にかけられます。 これは申込時に記入した内容が正しいかどうかを確認する電話は社名は出さずに個人名でかけてくれるようです。 これなら勤務先の人に借入れをしたことを知られずにすみ、安心です。 申込みの際にはパソコンや携帯電話を利用してインターネットで契約の手続きをすれば、店舗まで行く必要がないのです。 レイクではそのまま直接申込者の銀行口座に振り込まれる仕組みになっていますので、家族にもここではほとんど知られることはありません。 借入れの手順は、まず申込みから始まります。 方法は5つで、パソコン、携帯電話、自動契約機、電話、郵送、があります。 郵送以外は24時間申込みができ、ここでは自動契約機と電話ではオペレーターと詳しく相談することができます。 在籍確認の前の申込み時に必要なものは消費者金融レイクでは、まず1つめは本人を確認できるものです。 これは運転免許証が一番いいのですが、持っていない場合は健康保険証かパスポート、外国人登録証遺書などで大丈夫です。 これらに書いてある住所が、現在住んでいる場所と違う時には、結果このように公共料金の領収書か住民票の写し、そして印鑑証明書のいずれかを共に忘れずに持参しなければなりません。 申込みに要るものの2つめは、収入証明書類です。 これは契約額が100万円を超える場合のみにレイクでは必要になります。 これは源泉徴収票や住民税決定通知書、納税通知書、所得証明書が現段階では必要ですが、それがもし、ない場合は直近2カ月分の給料明細書でもこれは問題ありません。


在籍確認なし

在籍確認が終わった後の手順はどのようになっているのでしょうか?

他社に借り入れがない方は簡単でスムーズにできます

順番や手順としては新生銀行カードローンのレイクでは、在籍確認の次に審査があり、その後に流れで契約です。 契約では契約書に必要事項を記入します。 ここでの契約には4つの方法があります。 即日の振り込みが可能なインターネット、そして自動契約機、FAX、または郵送です。 それが終了すればいよいよ借入れです。 レイクのカードが発行されます。 ATMでは休日も夜間も手数料が無料で、こういった借入れの内容を詳しく記した利用明細書をその場で出してくれます。 また、パソコン・携帯電話や電話で申込みをし、インターネット手続きをした場合は、即日に振り込みをレイクではしてもらえます。 ただしその場合は平日の午後2時までに本人確認の書類を提出しなければなりませんが、メールやFAXで行うことができます。 電話で申し込んだ場合には、その場で審査結果を教えてもらえます。 さらに、レイクのカードを自動契約機で作ってしまえば、提携のATMで、手数料無料で利用することができます。 このカードは40分くらいで作ることができますので、簡単・便利です。

在籍確認をパスした後のレイクの借入

レイクの携帯サイトも便利で手軽に利用できます。 申込みの方法は「オンライン審査申込み」として2種類用意されております。 画面で審査の結果を知ることができる方法があります。 9項目のみでオペレーターが審査の結果を伝えてくれる方法があります。 さらに借入れができるかどうかを確かめたり、何回で返済するのか、いくらずつ返済していくのか、などを細かくシミュレーションで見ることができます。 返済方法には5種類あります。 インターネットバンキングを利用するWeb返済、レイクのATM、自動引き落し、提携のATM、銀行振込みです。 このうち、Web返済、ATM、銀行振込みでは一括で返済も支払うことができます。 これの返済手数料は銀行振込み以外は無料です。 新生銀行カードローンのレイクの借入れでは、無利息の借入れサービスが2種類あります。 初めての利用で契約額が20万円以上の場合、借入れ額の5万円までが180日間、無利息で借りることができますが在籍確認はあります。 この場合は借入れ額が5万円以上でも、5万円までは180日間無利息です。 例えば8万円借入れした場合は180日間は利息が3万円分だけ、ということになります。 もう1つの無利息借入れは、初めて契約した日の次の日から30日間無利息で借りることが可能です。 例をあげますと、20万円を借入れした場合、契約翌日から30日間は利息金額2958円がレイクでは期間を守れば無料になるということです。


在籍確認

このページの先頭へ